組織・メンバー

災害医学研究部門
災害放射線医学分野
助教
博士(保健学)
INABA Yohei
いなば ようへい

兼任先 医学系研究科
研究テーマ
大規模放射線災害時における被ばく線量推定法および健康被害評価法の確立
研究キーワード
放射線科学 / 災害医学 / 放射線計測学 / 放射線防護学
関連サイト
研究概要

原子力災害や放射線事故災害は、一度発生すると放射線被ばくなど非常に大きな社会的影響を与えます。放射線被ばく線量は、線量計等で測定しますが、一般市民が被ばくしてしまうような大規模な放射線事故災害時では、ほとんどの市民は線量計を持っていないため、何らかの方法で被ばく線量を推定することが必要となります。これは、被ばく者の治療計画立案や予後予測、緊急医療措置のためのトリアージ(患者の振り分け)を行う際の判断材料となるためとても重要な指標になります。そこで我々は、放射線と血液抗酸化能の関係に着目し、大規模放射線災害時における被ばく線量推定法および健康被害評価法の確立を目指しています。

主な業績
  • Inaba Y, Nakamura M, Chida K, Zuguchi M.: Effectiveness of a novel real-time dosimeter in interventional radiology: a comparison of new and old radiation sensors. Radiol Phys Technol. 2018; 11(4): 445-450, doi: 10.1007/s12194-018-0484-z
  • Lue Sun, Yohei Inaba, Keizo Sato, Aki Hirayama, Koji Tsuboi, Ryuji Okazaki, Koichi Chida, Takashi Moritake: Dose-dependent decrease in anti-oxidant capacity of whole blood after irradiation: A novel potential marker for biodosimetry. Scientific reports 2018; 8(1): 7425 doi:10.1038/s41598-018-25650-y
  • Inaba Y, Chida K, Kobayashi R, Zuguchi M: A cross-sectional study of the radiation dose and image quality of X-ray equipment used in IVR. Journal of Applied Clinical Medical Physics 2016; 17(4): 391-401
  • Inaba Y, Chida K, Kobayashi R, Haga Y, Zuguchi M: Radiation dose of cardiac IVR x-ray systems: A comparison between today and the past. Acta Cardiologica 2015; 70(3): 299-306.
  • Inaba Y, Chida K, Kobayashi R, Kaga Y, Zuguchi M: Fundamental study of a real-time occupational dosimetry system for interventional radiology staff. J Radiol Prot 2014; 34 (3): N65-71
主な所属学会
  • 日本放射線技術学会
  • 日本災害医学会
  • 日本放射線安全管理学会
  • 日本IVR学会
  • 日本磁気共鳴医学会
主な受賞
  • 2019年10月 公益社団法人日本放射線技術学会東北支部 学術奨励賞
  • 2017年 5月 第46回日本IVR学会総会 Featured Abstract賞
  • 2016年12月 公益社団法人日本放射線技術学会 研究奨励賞技術新人賞(防護分野)