組織・メンバー

災害リスク研究部門
津波工学研究分野
特任准教授(客員)
NGUYEN David N.
ぬいん でびっど

研究テーマ
研究に関しては、現在、災害に強いスマートシティインフラストラクチャを研究しています。また、観光地域の防災についても研究しています。
研究キーワード
防災ISO / 観光地防災
研究概要

この調査では、オリンピックやラグビーワールドカップなどの主要なスポーツイベントにより交通量が大幅に増えると予想される鉄道会社を調査しました。会場近くには災害にも弱い線路があります。駅周辺や電車内の災害対策や危険情報のレベルを調査しました。

駅周辺や電車内の災害対策や危険情報のレベルを調査しました。

海岸近くのホテルへの津波の影響を調査し、災害への備えのレベルに関する情報を収集しました。

主な業績

Nguyen, D., Onuki. M, Esteban M. (2019). Resiliency in tourism transportation: Case studies of Japanese railway companies preparing for the 2020 Tokyo Olympics. International Journal of Disaster Risk Reduction (38). 

Nguyen, D., Imamura F., Iuchi K. (2018). Barriers towards hotel disaster preparedness: Case Studies of Post 2011 Tsunami, Japan. International Journal of Disaster Risk Reduction (28) 585-594.1.     

Nguyen, D., Imamura F., Iuchi K. (2017). Evaluating collaborative disaster management planning in tourism: A case study on Matsushima, Japan. Tourism Management (61) 129-140.

その他

国立研究開発法人防災科学技術研究所