組織・メンバー

災害リスク研究部門
広域被害把握研究分野
准教授
博士 (理学)
OHTA Yusaku
おおた ゆうさく

本務先 理学研究科
准教授
研究テーマ
GPSに代表される測位衛星システムを用いた地殻変動の即時把握とそれにもとづく津波規模即時把握に関する技術開発および、海陸の測地観測データを用いた地震発生メカニズムの把握に関する研究に取り組んでいます。
研究キーワード
固体地球惑星科学 / GNSS / 津波即時予測
関連サイト
主な業績
  • Ohta, Y., T. Kobayashi, H. Tsushima, S. Miura, R. Hino, T. Takasu, H. Fujimoto, T. Iinuma, K. Tachibana, T. Demachi, T. Sato, M. Ohzono, and N. Umino (2012), Quasi real-time fault model estimation for near-field tsunami forecasting based on RTK-GPS analysis: Application to the 2011 Tohoku-Oki Earthquake (Mw 9.0), J. Geophys. Res., 117, B0231116, doi:10.1029/2011JB008750.
  • Ohta, Y., and M. Iguchi (2015), Advective diffusion of volcanic plume captured by dense GNSS network around Sakurajima volcano: a case study of the vulcanian eruption on July 24, 2012, Earth, Planets and Space, 67(1), 157, doi:10.1186/s40623-015-0324-x.
  • Ohta Y., T. Inoue, S. Koshimura, S. Kawamoto, and R. Hino (2018), Role of real-time GNSS in near-field tsunami forecasting, J. Disaster Res., Vol. 13, No. 3, pp. 453-459.
主な所属学会
  • 日本地震学会
  • 日本測地学会
  • American Geophysical Union
主な受賞
  • 第1回日本オープンイノベーション大賞 総務大臣賞
  • 新技術開発財団 第49回 (平成28年度) 市村学術賞 貢献賞
  • 平成29年度科学技術分野の文部科学大臣表彰 若手科学者賞
  • 第23回 測地学会賞坪井賞個人賞
  • 2011年度 地震学会若手学術奨励賞