組織・メンバー

災害医学研究部門
災害口腔科学分野
教授
博士(医学)
OSAKA Ken
おさか けん

本務先 歯学研究科
教授
研究テーマ
IWANUMAプロジェクトを通じて震災の健康に与える影響や地域包括ケアシステムによる災害対応について取り組んでいます。
研究キーワード
地域災害支援 / 社会的な健康への影響
関連サイト
研究概要

東日本大震災による死亡リスクが明らかに‐震災当日とその後3年間‐
 災害発生時は災害の弱者を特定して対策をとることが重要ですが、震災前の情報を用いた研究はほとんど存在しません。東日本大震災の震源の真西に位置する宮城県岩沼市では、地震から津波到達まで約1時間の時間がありましたが、多くの人々が津波で亡くなりました。
世界で初めて、震災前の地域在住高齢者の情報と、津波による死亡原因の関連性を調べました。さらに住環境の変わる震災後の中期的な死亡リスクについても調べました。860名の調査参加者の内、33名(死亡率=3.8%)が震災当日に亡くなりました。震災前に重度のうつ傾向だった方の死亡率は12.8%と高く、様々な要因を考慮したうえでも死亡のオッズは3.90倍で有意に高いことがわかりました。また、統計学的に有意ではありませんでしたが、友人と会わない人に比べて、会う人の方が死亡のオッズ比が高い傾向にありました。震災翌日の2011年3月12日から2014年5月5日までの間には95名が死亡しました(827名中の死亡率は11.5%)。友人と会う人は有意に低い死亡リスクでした(オッズ比=0.46)。本研究の結果から、重度のうつ傾向の人は災害時に避難が遅れるハイリスク者として認識されることが必要であることが推察されます。また、友人との交流は震災後の死亡リスクを減らすと考えられます。反対に孤立した被災者については、支援が必要だと考えられます。リンク先
http://www.dent.tohoku.ac.jp/news/view.html#!394

震災被害で歯を失うリスク8%増加 ~東日本大震災前後の被災者のデータ分析より~
災害の健康への影響は長期におよびます。しかし、被災者の歯の健康状態を被災前後で比較した研究はありませんでした。そこで、東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県岩沼市に住む、65歳以上高齢者3,039人の震災前後の追跡調査データを分析し、震災の被害と歯の健康について研究しました。その結果、震災被害が大きい群で歯の喪失が多いという関連が見られました。経済状況の悪化は歯の喪失リスクを8.1% (95% CI: 0.5, 15.7)、家屋の被害は歯の喪失リスクを1.7% (95% CI: 0.2, 3.3) (*1)増加させていました。 被災者はうつやPTSDなどの精神的健康のみならず、口腔の健康も悪化しやすいことが明らかになりました。リンク先
http://www.dent.tohoku.ac.jp/news/view.html#!355

主な業績
  • Tsuboya, T., Aida, J., Hikichi, H., Subramanian, S.V., Kondo, K., Osaka, K., Kawachi, I. Predictors of depressive symptoms following the Great East Japan earthquake: A prospective study Soc Sci Med 161 pp. 47-54 2016 10.1016/j.socscimed.2016.05.026
  • Aida Jun, Hikichi Hiroyuki, Matsuyama Yusuke, Sato Yukihiro, Tsuboya Toru, Tabuchi Takahiro, Koyama Shihoko, Subramanian S. V., Kondo Katsunori, Osaka Ken, Kawachi Ichiro Risk of mortality during and after the 2011 Great East Japan Earthquake and Tsunami among older coastal residents SCIENTIFIC REPORTS 7 10.1016/j.socscimed.2016.05.026
  • Matsuyama, Yusuke, Jun Aida、Toru Tsubova, Hiroyuki Hikichi, Katsunori Kondo、Ichiro Kawachi, and Ken Osaka. Are Lowered Socioeconomic Circumstances Causally Related Tooth Loss? A Natural Experiment Involving the 2011 Great East Japan Earthquake. American Journal of Epidemiology 186・1 54-62 2017 10.1093/aje/kwx059.
主な所属学会
  • 日本疫学会
  • 日本公衆衛生学会
  • 日本口腔衛生学会
  • International Association of Integrated Care