組織・メンバー

情報管理・社会連携部門
災害復興実践学分野
教授
博士(学術)
SAKURAI Aiko
さくらい あいこ

兼任先 東洋英和女学院大学大学院国際社会学部(クロスアポイントメント)
研究テーマ
国内においては東日本大震災の被災地における持続発展可能な災害復興・防災教育モデルの開発と実践研究、国際的にはアジア各国における包括的学校安全の推進に関する国際比較研究を進めています。
研究キーワード
学校防災、包括的学校安全、地域防災、国際協力
関連サイト
研究概要

「防災教育国際協働センター」をベースに、東日本大震災の被災地の災害復興・防災教育モデルの開発と実践を支援しています。地震工学、地理学等の研究者との学際研究を進め、専門と専門の間の溝を埋めつつ複雑で難解な概念や用語をわかりやすく伝えるリスクコミュニケーションを心掛けています。また、学校現場の実情を反映しながら、地域の学習素材を開発しつつ、学校・教員が取組みを持続できるモデルの開発と実践を目指しています。「復興・防災マップづくり」はその一つのモデルになります。震災1年後から着手し、実践研究を踏まえて教員用手引き(日・英)や研修の開発へと社会実装が進められています。

東日本大震災の被災地の経験や教訓を踏まえ、アジア地域(フィリピン、インドネシア、ネパール、ベトナム、ミャンマー等)での災害被災地における教育復興過程、学校防災に関する国際比較研究を進めています。仙台防災枠組を教育分野に適用し、学校での児童生徒、教職員等の被害軽減、学校建物の被害軽減、学校早期再開に向け包括的学校安全が進められています。ASEANでの議論に積極的に参加し日本の経験を共有・発信するとともに、限られたリソースで災害被害軽減に向けた持続可能な学校防災を実現するためのミニマム・エッセンシャルズの抽出を目指しています。

主な業績
  • 桜井愛子,北浦早苗,村山良之,佐藤 健:地域に根差した災害復興・防災教育プログラムの開発-石巻市立学校での「復興・防災マップづくり」5年間の実践を踏まえて-,安全教育学研究,18(1),2019年6月,pp.23-36
  • Aiko Sakurai, Mizan BF Bisri, Takashi Oda, Rina Suryani Oktari, Yoshiyuki Murayama, Nizammudin, Muzaillin Affan: Exploring Minimum Essentials for Sustainable School Disaster Preparedness: A Case of Elementary Schools in Banda Aceh City, Indonesia, International Journal of Disaster Risk Reduction, 29, 2018.8, pp.73-83 DOI10.1016/j.ijdrr.2017.08.005
  • 桜井愛子:大災害後の教育復興支援をめぐる国際協力-日本・アジアの災害被災地での対応(第8章執筆分担)(監修・編著)五百旗頭真・片山裕『防災をめぐる国際協力のあり方-グローバルスタンダードと現場の間で』,ミネルヴァ書房,2017年 7月,pp.149−165
  • Aiko Sakurai, Takeshi Sato: Enhancing Community Resilience Through Capacity Development After GEJE: The Case of Sendaishi-chiiki Bousai Leaders (SBLs) in Miyagi Prefecture, in Santiago-Fandiño, V., Sato, S., Maki, N., Iuchi, K. (Eds.), The 2011 Japan Earthquake and Tsunami: Reconstruction and Restoration: Insights and Assessment after 5 Years., Springer, 2017年 5月, pp.113−126 https://doi.org/10.1007/978-3-319-58691-5_7
  • Koichi Shiwaku, Aiko Sakurai, Rajib Shaw: Disaster resilience of education systems, experiences from Japan, Springer, 2016年 8月, 241 pages ISBN 978-4-431-55982-5
主な所属学会
  • 自然災害学会
  • 日本安全教育学会
  • 日本比較教育学会
  • 国際開発学会
  • 東北地理学会
主な受賞
  • 2015年9月 日本安全教育学会 優秀実践賞