組織・メンバー

災害リスク研究部門
低頻度リスク評価研究分野
准教授
博士(理学)
SUGAWARA Daisuke
すがわら だいすけ

研究テーマ
海岸地域に分布する津波堆積物の調査・分析と、津波による土砂移動の数値シミュレーションを活用しながら、日本各地や海外での古地震・古津波履歴の解明に取り組んでいます。
研究キーワード
津波 / 地層 / 数値モデリング
研究概要

海岸低地の地層に残された津波の痕跡「津波堆積物」の分布や構造から、過去に起こった津波の浸水域や水理パラメータを推定し、数百年以上の時間間隔をおいて発生する巨大地震・津波によるリスクの把握を目指して調査研究を進めています。津波堆積物から得られるデータは、数値シミュレーションを用いた波源の逆推定にも役立ち、地震・津波の発生メカニズムの解明にも貢献するものです。写真は、メキシコでの津波堆積物調査の様子です。

地層中の津波堆積物の識別や、これを用いた地震・津波の発生メカニズムの推定のため、津波堆積物の形成過程や分布・層厚などを数値シミュレーションで再現する研究を行っています。東日本大震災で得られたデータを基に数値モデルの検証を進め、他地域への適用に取り組んでいます。画像は、1867年基隆地震の津波による土砂移動の解析の1例です(Sugawara et al., 2019を改変)

主な業績
  • Sugawara, D., Yu, N.T., Yen, J.Y., Estimating a Tsunami Source by Sediment Transport Modeling: A Primary Attempt on a Historical/1867 Normal-Faulting Tsunami in Northern Taiwan. Journal of Geophysical Research: Earth Surface 124, 1675-1700, 2019. DOI:10.1029/2018JF004831
  • Chagué, C., Sugawara, D., Goto, K., Goff, J., Dudley, W., Gadd, P., Geological evidence and sediment transport modelling for the 1946 and 1960 tsunamis in Shinmachi, Hilo, Hawaii. Sedimentary Geology 364, 319-333, 2017. DOI:10.1016/j.sedgeo.2017.09.010
  • Jaffe, B., Goto, K., Sugawara, D., Gelfenbaum, G., La Selle, S., Uncertainty in Tsunami Sediment Transport Modeling. Journal of Disaster Research 11 (4), 647-661, 2016.
  • Goff J., Knight, J., Sugawara, D., Terry, J.P., Anthropogenic disruption to the seismic driving of beach ridge formaition: The Sendai coast, Japan. Science of the Total Environment 544, 18-23, 2016.
  • Sugawara, D., Takahashi, T., Imamura, F., Sediment transport due to the 2011 Tohoku-oki tsunami at Sendai: Results from numerical modeling. Marine Geology 358, 18-37, 2014.
  • Sugawara, D., Goto, K., Jaffe, B., Numerical models of tsunami sediment transport — Current understanding and future directions. Marine Geology 352, 295-320, 2014.
主な所属学会
  • 日本地球惑星科学連合
  • 日本地質学会
  • 日本自然災害学会
  • 日本堆積学会
  • American Geophysical Union
主な受賞
  • 日本地質学会論文賞(日本地質学会)
  • 日本自然災害学会学術賞(日本自然災害学会)
その他

前勤務先(2020年2月末まで):ふじのくに地球環境史ミュージアム