組織・メンバー

災害理学研究部門
地震メカニズム研究分野
准教授
博士(理学)
UCHIDA Naoki
うちだ なおき

本務先 理学研究科
研究テーマ
プレート境界で発生する繰り返し地震等を用いて、沈み込み帯の地震の発生機構を研究しています。
研究キーワード
地震学 / 固体地球物理学 / 地殻物理学 / 地球科学
関連サイト
研究概要

沈み込み帯の地震発生メカニズムに興味を持っています。特に地震の発生サイクルの中で地震から次の地震の発生までの準備期間に起こることを知りたいと思っています。また、非地震的な変形と地震の関係についても興味を持っています。下図は、プレート境界の同じ場所で繰り返し発生する小繰り返し地震の波形で、地震のサイクルや非地震的な変形の研究において重要な意義がある地震です。

主な業績
  • Uchida N. and R. Bürgmann (2019). Repeating earthquakes, Annual Review of Earth and Planetary Sciences, 47, doi: 10.1146/annurev-earth-053018-060119
  • Uchida, N. (2019). Detection of repeating earthquakes and their application in characterizing slow fault slip, Progress in Earth and Planetary Science, 6 (1), 40, doi: 10.1186/s40645-019-0284-z
  • Uchida, N., T. Iinuma, R. M. Nadeau, R. Bürgmann, and R. Hino (2016) Periodic slow slip triggers megathrust zone earthquakes in northeastern Japan, Science, 351(6272), pp. 488-492, doi:10.1126/science.aad3108
  • Uchida, N., J. Nakajima, A. Hasegawa, and T. Matsuzawa (2009) What controls interplate coupling?: Evidence for abrupt change in coupling across a border between two overlying plates in the NE Japan subduction zone, Earth Planet. Sci. Lett., 283, pp. 111-121, doi: 10.1016/j.epsl.2009.04.003
  • Uchida, N., T. Matsuzawa, T. Igarashi and A. Hasegawa (2003). Interplate quasi-static slip off Sanriku, NE Japan, estimated from repeating earthquakes, Geophys. Res. Lett., 30, doi: 10.1029/2003GL017452
主な所属学会
  • 日本地震学会
  • 日本測地学会
  • American Geophysical Union
主な受賞
  • 第2回地球惑星科学振興西田賞 (2017)
  • 日本地震学会若手学術奨励賞 (2009)
  • 井上研究奨励賞 (2004)