組織・メンバー

災害理学研究部門
地震メカニズム研究分野
教授
博士(理学)
ZHAO Dapeng
ちょう たいほう

本務先 理学研究科
教授
研究テーマ
地震波トモグラフィーなどの手法を用いて地震の発生機構、火山の起源及び地球の内部構造とダイナミクスを研究しています。
研究キーワード
固体地球物理学、地震学、火山物理学、地球内部構造学
関連サイト
研究概要

2011年東北沖巨大地震(Mw 9.0)の震源域の微細構造を調べた (Zhao et al., 2011; Liu & Zhao, 2008; Hua & Zhao et al., 2020).

Big mantle wedge (BMW)モデルを提唱し、東アジア地域のプレート内部地震と火山の起源を説明した (Zhao et al., 2004, 2009).

世界で初めて月内部の3次元地震波トモグラフィーを求めた(Zhao et al., 2008, 2012).

主な業績
  • Zhao, D. (2015). Multiscale Seismic Tomography. Springer, 304 pp.
  • Zhao, D., M. Fujisawa, G. Toyokuni (2017). Tomography of the subducting Pacific slab and the 2015 Bonin deepest earthquake (Mw 7.9). Scientific Reports, 7, 44487.
  • Zhao, D., K. Yamashita, G. Toyokuni (2018). Tomography of the 2016 Kumamoto earthquake area and the Beppu-Shimabara graben. Scientific Reports, 8, 15488.
  • Zhao, D., X. Liu, Y. Hua (2018). Tottori earthquakes and Daisen volcano: Effects of fluids, slab melting and hot mantle upwelling. Earth and Planetary Science Letters, 485, 121-129.
  • Hua, Y., D. Zhao, G. Toyokuni, Y. Xu (2020). Tomography of the source zone of the great 2011 Tohoku earthquake. Nature Communications, 11, 1163.
主な所属学会
  • 日本地震学会
  • 日本地球惑星科学連合
  • アメリカ地震学会
  • American Geophysical Union
主な受賞
  • 2014 Island Arc Award (日本地質学会)
  • 世界地震研究者のTop-10 (http://archive.sciencewatch.com/ana/st/earthquakes2/authors/)
その他

受賞「世界地震研究者のTop-10」の詳細