研究・実践

平成30年北海道胆振東部地震

最終更新 2020/09/07 14:00 (公開開始 2018/09/07 14:30)

2018年09月06日03:08頃、北海道胆振地方中東部を震源とする最大震度6強(M6.7)の地震が発生しました。被害全体状況は確認中ですが、すでに犠牲者も出ていると報告されております。被災された皆様へ心よりお見舞い申し上げます。現在、東北大学災害科学国際研究所では、この地震災害に関する解析・調査を進めています。
本ページは随時、情報を掲載してまいります。

東北大学災害科学国際研究所(IRIDeS)による解析・調査・報告

平成30年北海道胆振東部地震に関する現地調査報告会

日時 2018年10月5日(金) 13:30~
会場 東北大学災害科学国際研究所 多目的ホール
  1. 被害の全体像及び震災から1ヶ月の現状について
    柴山 明寛 准教授 (情報管理・社会連携部門 災害アーカイブ研究分野)
  2. 北海道厚真町に見られる火山性噴出物での土砂災害状況
    久利 美和 講師 (リーディング大学院)
  3. 建築物の被害について
    五十子 幸樹 教授 (災害リスク研究部門 最適減災技術研究分野)
  4. 厚真町支援の現場から
    定池 祐季 助教 (情報管理・社会連携部門 災害復興実践学分野)
  5. 質疑応答

司会:柴山明寛 准教授 (情報管理・社会連携部門)

平成30年北海道胆振東部地震に関する検討会

日時 2018年9月7日(金) 13:30~
会場 東北大学災害科学国際研究所 多目的ホール
  1. 北海道胆振東部において発生した地震と震源域周辺の地下構造
    岡田真介 助教 (災害理学研究部門)
    木戸元之 教授 (災害理学研究部門)
  2. 平成30年北海道胆振東部地震の地震動
    大野晋 准教授 (災害リスク研究部門)
  3. 平成30年北海道胆振東部地震 建物被害について
    柴山明寛 准教授 (情報管理・社会連携部門)
  4. 斜面災害・地盤災害および文化財マップについて
    森口周二 准教授 (地域・都市再生研究部門)
    蝦名裕一 准教授 (人間・社会対応研究部門)
  5. 北海道胆振東部地震災害における「情報」をとりまく傾向
    佐藤翔輔 准教授 (情報管理・社会連携部門)
  6. 質疑応答

司会:伊藤潔 教授 (副研究所長、災害医学研究部門)

東北大学災害科学国際研究所(IRIDeS)による研究成果(論文等)

学会発表

  • 定池祐季:緊急報告)北海道胆振東部地震厚真町支援の現場から、日本災害情報学会20周年記念大会・日本災害復興学会10周年記念大会合同大会、2018.
  • 岡田真介、山口和雄、横倉隆伸、阿部 進、住田達哉、牧野雅彦:平成30年北海道胆振東部地震と震源域周辺における浅部地下構造、日本地震学会2018年度秋季学術大会、2018.

東北大学災害科学国際研究所(IRIDeS)に関連する報道

  • 2020/09/06 毎日新聞 胆振東部地震2年:仮設住宅、実情に合った対応を(定池祐季 助教)
  • 2020/09/04 NHK ニュース:「北海道地震」から2年 被災者の半数”今も心身への影響続く”(定池祐季 助教)
  • 2020/09/04 NHK北海道 厚真町”歴史や文化残したい”多(定池祐季 助教)
  • 2020/09/04 北海道新聞 胆振東部地震の被災地支援を続ける 駆け足で進む復旧・復興。住民の暮らし見つめ寄り添う(定池祐季 助教)
  • 2020/09/03 NHK北海道 障碍者も安心して避難できる場に(定池祐季 助教)
  • 2020/09/03 NHK北海道 ”被災地以外で記憶薄れる”6割(定池祐季 助教)
  • 2020/09/02 NHK北海道 被災者4割 この1年で交流減少(定池祐季 助教)
  • 2020/09/01 NHK北海道 被災者の半数余 心身の影響続く(定池祐季 助教)
  • 2020/08/31 NHK北海道 仮設の入居期限迫る 自宅再建は(定池祐季 助教)
  • 2020.08.23 北海道新聞 <胆振東部地震から2年>復興支援 薄れる関心*地場産品、ふるさと納税の人気源*専門家「再注目される工夫を」(佐藤翔輔)
  • 2019.09.23 北海道新聞 <胆振東部地震から1年>「電話、ネットに支障」6割 代替策見つけられず 東北大など札幌市民調査(佐藤翔輔)
  • 2019.09.15 秋田魁新報 料理や食事 創意工夫 カセットこんろ活用 鍋で炊飯 緊急事態乗り切る(佐藤翔輔)
  • 2019.09.06 ミヤギテレビ news every.:過半数”通信に支障 代替なかった” 胆振地震から1年 東北大など調査(佐藤翔輔)
  • 2019.09.06 河北新報 <北海道地震1年>奥尻での経験胸に 厚真の復興支援(定池祐季)
  • 2019.09.05 東北放送 Nスタみやぎ:北海道胆振東部地震1年 6割以上「通信手段に支障」(佐藤翔輔)
  • 2019.09.05 河北新報 <北海道地震1年>通信手段に支障6割超 東北大・札幌市民調査 停電やスマホ依存の影響(佐藤翔輔)
  • 2019.09.04 北海道新聞 胆振地震から1年:再建へ 道険しく「個々への細やかな支援必要」(定池祐季)
  • 2018.12.06 北海道新聞 胆振東部地震3カ月 極寒仕様 試される仮設(定池祐季)
  • 2018.11.24 北海道新聞 くらしと防災58:『胆振東部地震 どう見る』東北大災害研3教授に聞く 「旧耐震基準家屋はリスク」(五十子幸樹) 「浅い震源でも活発な余震」(遠田晋次) 「北電 "想定外” 説明は論外」(丸谷浩明)
  • 2018.10.08 仙台放送 FNNニュース:東北大で報告会”緩斜面”も地滑り(災害科学国際研究所、久利美和)
  • 2018.10.06 北海道新聞 停電で混乱 業務停滞(丸谷浩明)
  • 2018.10.06 北海道新聞 胆振東部地震から1ヵ月 今後の注意点、課題は-「快適な仮説住宅へ法整備を」(島田明夫)
  • 2018.10.02 河北新報 東北大災害研が現地調査 厚真町の土砂崩落斜面を視察(森口周二、柴山明寛)
  • 2018.10.01 河北新報 <ニュース深堀り>北海道地震でもデマ相次ぐ 平時から情報の選択を(佐藤翔輔)
  • 2018.09.30 日本経済新聞 使える防災「豆知識」 警視庁発、76万人がフォロー(佐藤翔輔)
  • 2018.09.29朝日新聞 (Media Times)災害報道、広がる新手法 ドローン撮影 ネット(佐藤翔輔)
  • 2018.09.26 岩手日報 震度7からの波紋㊦問われる過熱報道 配慮のない取材、負担に(定池祐季)
  • 2018.09.25 週刊ポスト他 大地震で病院停電 メス停止や手術室ドア閉鎖等の深刻事態も(佐々木宏之)
  • 2018.09.22 日本経済新聞 大災害を生きる④途絶えた供給網 企業の生命線揺らす(丸谷浩明)
  • 2018.09.15 室蘭民報 胆振東部地震に寄せて(定池祐季)
  • 2018.09.13 共同通信社他 行政・企業BCP見直しも 北海道地震を契機に(丸谷浩明)
  • 2018.09.13 NHK ニュース:北海道地震 周辺の活断層に新たなひずみか 今後の活動に注意(遠田晋次)
  • 2018.09.12 河北新報 <北海道地震>地震対策構築へ調査 東北大研究者と宮城県職員が支援(五十子幸樹、柴山明寛)
  • 2018.09.10 仙台放送 プライムニュース:北海道地震 東北大"各分野の専門家"報告会(森口周二)
  • 2018.09.10 NHKラジオ マイあさラジオ:社会の見方・私の視点「北海道地震の現地の状況について」(定池祐季)
  • 2018.09.08 河北新報 <北海道地震>文化財の被害、調査し保護へ 東北大災害研(森口周二)
  • 2018.09.08 毎日新聞 <北海道地震>活断層に影響恐れも 東北大が報告会(岡田真介、森口周二)
  • 2018.09.08 Hazard lab <北海道地震>北海道震度7 地理院が「災害前後の地形比較」 東北大災害研専門家が解析実施「(森口周二)
  • 2018.09.07 東日本放送 スーパーJチャンネルみやぎ:北海道地震 東北大の専門家が見解(岡田真介)
  • 2018.09.07 東北放送 Nスタみやぎ:北海道地震で東北大「盛り土で液状化 宮城でも」(森口周二)
  • 2018.09.07 NHK東北 てれまさむね:北海道地震 東北大で緊急報告会(岡田真介、森口周二)
  • 2018.09.07 朝日新聞、北海道地震で研究者が緊急報告会 東北大災害研(岡田真介、森口周二)
  • 2018.09.07 NHK仙台放送局 ゴジだっちゃ!:宮城にいるわたしたちができること(佐藤翔輔)
  • 2018.09.06 読売新聞 北海道で震度7…地盤の弱さ原因?揺れ広範囲に(岡田真介)
  • 2018.09.06 仙台放送 プライムニュース:北海道で震度7 専門家「県内でも内陸地震への備えを」(木戸元之)

その他機関からの情報

災害特集のページへ戻る

研究・実践