研究・実践

2018年インドネシア・パル(スラウェシ島)地震津波

最終更新 2020/11/19 11:30 (公開開始 2018/09/29 13:30)

2018年9月28日 6:02(日本時間同 7:02)、インドネシア・スラウェシ島で、マグニチュード(M)7.5の地震が発生しました。近傍の都市はPalu(人口33万人)です。インドネシア気象当局は、地震発生後に津波警報を発表し、地震発生から約30分後に、島の中部の都市パルで最大で高さ3メートルの津波を観測しました。現在、東北大学災害科学国際研究所では、この地震災害に関する解析・調査を進めています。
本ページは随時、情報を掲載してまいります。

東北大学災害科学国際研究所(IRIDeS)による解析・調査・報告

日時 2018年10月11日(木) 13:30~
会場 東北大学災害科学国際研究所 多目的ホール
  1. 今村 文彦所長挨拶
  2. パル地震を引き起こした活断層について
    遠田 晋次 教授 (災害理学研究部門 活断層研究分野)
  3. 津波の広域被害把握について-数値解析とリモートセンシング-
    マス エリック 准教授 (災害リスク研究部門 広域被害把握研究分野)
  4. インドネシア・パル地震・津波の現地調査報告
    今村 文彦 教授 (所長、災害リスク研究部門 津波工学研究分野)
  5. インドネシア・スラウェシ島地震津波災害における健康面の被害
    江川 新一 教授 (災害医学研究部門 災害医療国際協力学分野)
  6. 質疑応答

司会:伊藤潔 副研究所長 (教授、災害医学研究部門 災害産婦人科学研究分野)

現地調査報告

  • 第三次現地調査レポート(3rd. Field Survey Report)
    (Shunichi Koshimura, Luis Moya (IRIDeS), Bruno Adriano (RIKEN AIP Center, Japan), Abdul Muhari, Desti Ayunda, Bagus Afriyanto (Ministry of Marine Affairs and Fisheries, Indonesia)
  • 第二次現地調査レポート(2nd. Field Durvey Report)
    (Taro Arikawa (Chuo University), Abdul Muhari (Ministry of Marine Affairs and Fisheries, Indonesia), Yoshihiro Okumura (Kansai University), Yuji Dohi (National Research Institute for Earth Science and Disaster Resilience), Bagus Afriyanto (Ministry of Marine Affairs and Fisheries, Indonesia), Karina Aprilia Sujatmiko (Institut Teknologi Bandung, Indonesia))
  • 先遣隊報告
    (今村文彦教授・有川太郎教授(中央大学)・Abdul Muhari(インドネシア 海洋水産省))

東北大学災害科学国際研究所(IRIDeS)による研究成果(論文等)

査読付き論文

  • Suppasri, A., Muhari, A., Syamsidik, Yunus, R., Pakoksung, K., Imamura, F., Koshimura, S., Paulik, R.:Vulnerability characteristics of tsunamis in Indonesia: Analysis of the Global Centre for Disaster Statistics、Journal of Disaster Research、Vol. 13、No. 6、pp. 1039-1048、2018.
  • 阿部 郁男, Anawat SUPPASRI,Kwanchai PAKOKSUNG, 今村 文彦:2018年スラウェシ島地震によるパル湾西部でのビデオ映像を用いた津波発生状況の分析,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol. 75, No. 2,pp. I_337-I_342,2019.
  • 阿部 郁男, Anawat SUPPASRI,Kwanchai PAKOKSUNG, 今村 文彦:2018年スラウェシ島地震によるパル湾西部でのビデオ映像を用いた津波発生状況の分析,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol. 75, No. 2,pp. I_337-I_342,2019.
  • Pakoksung, K., Suppasri, A., Imamura, F., Athanasius, C., Omang, A. and Muhari, A.: Simulation of the Submarine Landslide Tsunami on 28 September 2018 in Palu Bay, Sulawesi Island, Indonesia, Using a Two-Layer Model, Pure and Applied Geophysics, Vol.176, No. 8,pp. 3323-3350, 2019.
  • Moya, L., Muhari, A., Adriano, B., Koshimura, S., Mas, E., Marval-Perez, L. R., Yokoya, N.: Detecting urban changes using phase correlation and ?1-based sparse model for early disaster response: A case study of the 2018 Sulawesi Indonesia earthquake-tsunami, Remote Sensing of Environment, Vol. 242, No. 6, p.111743, 2020.
  • Syamsidik, Benazir, Luthfi, M. Suppasri, A. and Comfort, L. K.: The 22 December 2018 Mount Anak Krakatau Volcanogenic Tsunami on Sunda Strait Coasts, Indonesia: tsunami and damage characteristics, Natural Hazards and Earth System Sciences, Vol. 20, pp. 549-565, 2020.

その他一般論文等

  • Akihiro Hayashi, Kei Yamashita, Fumihiko Imamura, Takayuki Hayashi, Ichiro Sato:Evaluation of tsunami risk reduction effect by afforestation area in coastal area of Indonesia、AOGS 16th Annual Meeting、2019.

    学会発表

  • Akihiro Hayashi, Kei Yamashita, Fumihiko Imamura, Takayuki Hayashi, Ichiro Sato:Evaluation of tsunami risk reduction effect by afforestation area in coastal area of Indonesia、AOGS 16th Annual Meeting、2019.
  • K. Pakoksung, A. Suppasri, F. Imamura, A. Omang, C. Athanasius, A. Muhari: Application of Two-layer Model on Submarine Landslide Tsunami Simulation in 28 September 2018 Palu Bay, Indonesia, The 27th IUGG General Assembly, 2019.
  • A. Muhari, T. Arikawa, S. Takeda, F. Imamura, A. Suppasri: Consideration of Variation of Tsunami Force by using the Numerical Simulation - Case Study of the 2018 Sulawesi Earthquake Tsunami, The 27th IUGG General Assembly. 2019.
  • Shunichi Koshimura, Abdul Muhari, Bruno Adriano, Luis Moya, Desti Ayunda, Bagus Afriyanto, Erick Mas: Field Survey of the 28 September Earthquake Tsunami of Sulawesi, Indonesia, European Geoscience Union General Assembly 2019. 2019.
  • Pakoksung, K., Suppasri, A., Imamura, F., Athanasius, C., Omang, A. and Muhari, A.: Tsunami simulation in the 28 September 2018 Palu bay, Indonesia, using Submarine landslide source and twolayer depth-integrated modeling, AIWEST-DR2019, 2019.

東北大学災害科学国際研究所(IRIDeS)に関連する報道

  • 2018.11.11 産経新聞 【クローズアップ科学】液状化と地滑り津波で被害拡大(今村文彦)
  • 2018.10.29 NHK おはよう日本:スラウェシ島地震 1か月 20万人超が避難生活(今村文彦)
  • 2018.10.28 NHK ニュース:インドネシア津波 原因は地滑り 5分で沿岸に到達か(今村文彦)
  • 2018.10.23 じゃかるた新聞 モールが避難場所に 越村教授ら現地調査(越村俊一)
  • 2018.10.21 読売新聞 地滑り 陸・海底で猛威(今村文彦)
  • 2018.10.12 朝日新聞 複数の海底地滑り 局地的津波誘発か(今村文彦)
  • 2018.10.12 河北新報 インドネシア津波、海底地滑り原因か 東邦大が報告会(今村文彦)
  • 2018.10.11 東北放送 東北大の調査報告会「海底の地滑りで津波発生した可能性」(今村文彦)
  • 2018.10.11 仙台放送 「海底地滑り」原因か。。。日本にも同様地形 インドネシア地震津波(今村文彦)
  • 2018.10.11 共同通信社(他多数) インドネシア海底地滑りで津波か 東北大が現地調査報告会で(災害科学国際研究所、今村文彦)
  • 2018.10.10 読売新聞 海底地滑り 津波の要因か(今村文彦)
  • 2018.10.09 毎日新聞 津波、海底の地滑りが原因か(今村文彦)
  • 2018.10.07 朝日新聞 インドネシア津波、局所的に相次ぎ発生か 専門家指摘(今村文彦)
  • 2018.10.07 NHK ニュース:インドネシア 津波 局地的に10m超か 日本の専門家が調査(今村文彦)
  • 2018.10.06 じゃかるた新聞 津波高さ10メートルも 今村、有川両教授パルで現地調査 地滑りが引き金か(今村文彦)
  • 2018.10.05 NHK ニュース:インドネシア地震から一週間 被災者は依然厳しい生活(今村文彦)
  • 2018.10.04 タイ公共放送(Thai PBS) インドネシア・スラウェシ島の津波、地すべりの可能性・タイへの教訓について東北大の津波専門家が解説(サッパシー アナワット)
  • 2018.10.03 TBS NEW23:インドネシア・スラウェシ島大地震 発生した「謎の津波」とは?(今村文彦)
  • 2018.09.30 タイ公共放送(Thai PBS) インドネシア・スラウェシ島の津波について東北大の津波専門家が解説(サッパシー アナワット)

その他機関からの情報

災害特集のページへ戻る

日時 2018年10月5日(金) 13:30~
会場 東北大学災害科学国際研究所 多目的ホール
  1. 被害の全体像及び震災から1ヶ月の現状について
    柴山 明寛 准教授 (情報管理・社会連携部門 災害アーカイブ研究分野)
  2. 北海道厚真町に見られる火山性噴出物での土砂災害状況
    久利 美和 講師 (リーディング大学院)
  3. 建築物の被害について
    五十子 幸樹 教授 (災害リスク研究部門 最適減災技術研究分野)
  4. 厚真町支援の現場から
    定池祐季 助教 (情報管理・社会連携部門 災害復興実践学分野)
  5. 質疑応答

研究・実践