研究・実践

令和3年(2021年)3月宮城県沖の地震

最終更新 2021/09/15 10:00 (公開開始 2021/03/22 10:00)

2021年3月20日 16:09頃、宮城県沖で最大震度5強(M6.9)の地震が発生しました。現在、東北大学災害科学国際研究所では、この地震に関する解析・調査を進めています。本ページは随時、情報を掲載してまいります。

東北大学災害科学国際研究所(IRIDeS)による解析・調査・報告

東北大学災害科学国際研究所(IRIDeS)に関連する報道

  • 2021/03/21 読売新聞(デジタル) 宮城県沖の地震、東日本大震災と同じ「逆断層」型...気象庁「今後1週間は震度5強の揺れに注意」(今村文彦 教授、遠田晋次 教授)
  • 2021/03/20 朝日新聞(デジタル) 「震災の影響続く」「もともと地震多い」警戒促す専門家(遠田晋次 教授)
  • 2021/03/20 NHK総合,ニュース7,宮城で震度5強・津波被害の心配なし(佐藤翔輔 准教授)

その他機関からの情報

  • 気象庁:令和3年3月20日16時09分頃の宮城県沖の地震について
  • 防災科学技術研究所:令和3年3月20日 福島県沖の地震に関するクライシスレスポンス
  •  

災害特集のページへ戻る

研究・実践