イベント

世界防災フォーラム

世界防災フォーラムは、スイスの防災ダボス会議と連携し、2017年より隔年で開催されることが決まった“市民参加型国際会議”です。第3回国連防災世界会議の成果を引き継ぎ、「仙台防災枠組2015-2030」の実施を推進するために、国内外から東北・仙台にさまざまな人々が集結し、防災の具体的な解決策を創出します。産・官・学の防災関係者のみならず、一般市民の方々も加わって、東日本大震災の経験を継承し、最先端の防災知見を共有します。

東北大学災害科学国際研究所は、世界防災フォーラムを全面的に支援し、主要な役割を担ってきました。2017年に開催された第一回フォーラムでは、今村文彦所長が実行委員会委員長をつとめ、事務局をIRIDeS内に設置しました。2019年第二回世界防災フォーラムでも、今村文彦所長が国内実行委員長をつとめています。