研究・実践

平成31年(2019年)熊本地震

最終更新 2019/01/17 14:30 (公開開始 2019/01/17 14:30)

2019年1月3日18:10頃,熊本県熊本地方を震源とする最大震度6弱(M5.1)の地震が発生しました.東北大学災害科学国際研究所では,この地震災害に関する解析・調査を進めています.本ページは随時,情報を掲載してまいります.

東北大学災害科学国際研究所(IRIDeS)による解析・調査・報告

東北大学災害科学国際研究所(IRIDeS)に関連する報道

  • 2019/1/4 NHK 「3年前の熊本地震のひずみで発生か 今後も注意を」専門家(遠田教授)
  • 2019/1/4 TBS 熊本・震度6弱、橋に段差も甚大な被害確認されず 2016熊本地震とは別の活動か(遠田教授)
  • 2019/1/4 毎日新聞 熊本で震度6弱「16年熊本地震が誘発」(遠田教授)
  • 2019/1/4 RKK熊本放送 地震について専門家は(遠田教授)
  • 2019/1/4 RKK熊本放送 地震情報:和水町で震度6弱(遠田教授)

平成28年(2016年)熊本地震

最終更新 2018/11/05 10:00 (公開開始 2016/04/14 23:20)

2016年4月14日21:26頃,熊本県熊本地方を震源とする最大震度7(M6.5)の地震が発生したほか,翌16日01:25頃に最大震度6強(M7.3)なども相次ぎ,被害が拡大しています.現在,東北大学災害科学国際研究所では,この地震災害に関する解析・調査を進めています.

本ページは随時,情報を掲載してまいります.

東北大学災害科学国際研究所(IRIDeS)による報告書

平成28年熊本地震に関する報告書 (平成29年4月発行)

東北大学災害科学国際研究所(IRIDeS)による解析・調査・報告

報告会のページ(資料掲載)へはこちらから

東北大学災害科学国際研究所(IRIDeS)による研究成果(論文等)

査読付き論文

  • Shinji Toda, Heitaro Kaneda, Shinsuke Okada, Daisuke Ishimura, Zoe Mildon:Slip-partitioned surface ruptures for the Mw 7.0 16 April 2016 Kumamoto, Japan, earthquake,Earth, Planets and Space (EPS),No. 68,pp. 188-198,2016.
  • Leelawat, N., Suppasri, A., Latcharote, P., Yasuda, M., Imamura, F. :Evacuation of Thai Citizens during the 2016 Kumamoto earthquakes.,The 8th Thailand-Japan International Academic Conference Book of Abstract ,pp. 50-50,2016.
  • Hideaki Goto, Hiroyuki Tsutsumi, Shinji Toda, Yasuhiro Kumahara:Geomorphic features of surface ruptures associated with the 2016 Kumamoto earthquake in and around the downtown of Kumamoto City, and implications on triggered slip along active faults,Earth, Planets and Space (EPS),No. 69,pp. 26-37,2017.
  • 石村大輔,遠田晋次,市原季彦,高橋直也,今野明咲香,佐藤隼人:2016年熊本地震時に出現した熊本県阿蘇市宮地周辺の地表地震断層とピット壁面での変位の上方減衰,活断層研究,No. 47,pp. 17-25,2017.
  • Hiroaki Maruya, Tetsuya Torayashiki:Damage of Enterprises and Their Business Continuity in the 2016 Kumamoto Earthquake,Journal of Disaster Research,Vol. 12,sp,pp. 688-695,2017.
  • Chong Xu, Siyuan Ma, Zhibiao Tan, Chao Xie, Shinji Toda, Xueqiang Huang:Landslides triggered by the 2016 Mj 7.3 Kumamoto, Japan, earthquake,Landslides,Vol. 15,No. 5,pp. 551-564,2017.
  • Bai, Y., Adriano, B., Mas, E., Koshimura, S.:Machine learning based building damage mapping from the ALOS-2/PALSAR-2 SAR imagery: Case study of 2016 kumamoto earthquake,Journal of Disaster Research,Vol. 12, sp,pp. 646-655,2017.
  • Leelawat, N., Suppasri, A., Latcharote, P., Imamura, F.:The Evacuation of Thai Citizens During Japan’s 2016 Kumamoto Earthquakes: An ICT Perspective,Journal of Disaster Research,Vol. 12,No. ,pp. 669-677,2017.
  • 山口裕通, 奥村誠, 金田穂高, 土生恭祐:携帯電話GPS情報から分かる 熊本地震による行動パターンの被災・回復過程,土木学会論文集 D3(土木計画学),Vol. 73,No. 5,pp. I_105-I_117,2017.
  • Shosuke Sato, Fumihiko Imamura, Masarhiro Iwasaki:An Analysis of Web Coverage on the 2016 Kumamoto Earthquake Disaster,,Journal of Disaster Research,Vol. 13,No. 2,pp. 321-325,2018.
  • 堤 浩之,遠田晋次,後藤秀昭,熊原康博,石村大輔,高橋直也,谷口 薫,小俣雅志,郡谷順英,五味雅宏,浅野公之,岩田知孝:熊本県益城町寺中における2016年熊本地震断層のトレンチ調査,活断層研究,No 49,pp. 31-39,2018.
  • 阿部恒平・三輪敦志・飛田健二・岡田真介・船越和也・高山陶子・小野田 敏・千葉達朗:航空レーザ測量と地表踏査を併用した平成28年熊本地震の地表地震断層調査,応用地質,Vol. 59,No. 3,pp. 134-143,2018.
  • 富田博秋, 山口喜久雄, 富田正徳, 矢田部裕介, 犬飼邦明, 相澤明憲, 伴亨, 高階憲之, 岩舘敏晴, 菅野庸, 渡部康, 千葉潜, 松田ひろし:精神科病院の災害対策~東日本大震災と熊本地震の教訓から~.,日本精神科病院協会雑誌,Vol. 37,No. 11,pp. 10-16,2018.

査読付き国際会議

  • Moya, L., Yamazaki, F., Liu, W., Chiba, T., Mas, E.:Detection of collapsed buildings and landslides due to the 2016 Kumamoto earthquake from LiDAR data,Proceedings of the World Engineering Conference on Disaster Risk Reduction,2016.
  • Yuichi Ambe, Tomonari Yamamoto, Shotaro Kojima, Eri Takane, Kenjiro Tadakuma, Masashi Konyo, Satoshi Tadokoro, Use of active scope camera in the Kumamoto Earthquake to investigate collapsed houses, Proc. 2016 IEEE International Symposium on Safety, Security and Rescue Robotics (SSRR 2016), pp. 21-27, 2016.

その他一般論文等

  • 山口裕通,奥村誠,金田穂高,土生恭祐:携帯電話GPS情報から分かる 熊本地震による行動パターンの被災・回復過程,土木計画学研究・講演集,Vol. 54,No. 181,pp. 1-10,2016.
  • 佐藤翔輔,今村文彦:2016年熊本地震災害におけるウェブ報道の量的傾向:それ以前の地震災害報道と比較して,日本災害情報学会 第19回研究発表大会予稿集,pp. 48-49,2017.
  • Moya, L., Mas, E., Koshimura, S., Yamazaki, F.:Synthetic building damage scenarios using empirical fragility functions: A case study of the 2016 Kumamoto earthquake,International Journal of Disaster Risk Reduction,No.31,pp. 76-84,2018.

学会発表

  • 熊原康博・後藤秀昭・中田高・石黒聡士・石村大輔・石山達也・岡田真介・楮原京子・柏原真太郎・金田平太郎・杉戸信彦・鈴木康弘・竹竝大士・田中 圭・田中知季・堤浩之・遠田晋次・廣内大助・松多信尚・箕田友和・森木ひかる・吉田春香・渡辺満久:2016年熊本地震に伴う地表地震断層の分布とその特徴,日本地球惑星科学連合2016年大会,2016.
  • 後藤秀昭・熊原康博・中田 高・石黒聡士・石村大輔・石山達也・岡田真介・楮原京子・柏原真太郎・金田平太郎・杉戸信彦・鈴木康弘・竹竝大士・田中 圭・田中知季・堤浩之・遠田晋次・廣内大助・松多信尚・森木ひかる・吉田春香・渡辺満久:2016年熊本地震の地表地震断層,日本地球惑星科学連合2016年大会,2016.
  • 大野晋・三辻和弥:2016年熊本地震の被災地域における常時微動H/Vスペクトルと観測点周辺における地盤及び基礎構造の被害,日本地震工学会大会,2016.
  • 佐藤翔輔:2016年熊本地震災害に関する情報・報道の特徴(熊本地震特別セッション),第38回(2016年度)地域安全学会研究発表会,2016.
  • Goto H., Kumahara Y., Nakata T., Tsutsumi H., Toda S., Okada S., Suzuki Y., Watanabe M., Ishimura D., Sugito N., Matsuta N., Kagohara K., Ishiyama T., Kaneda H., Kashiwara S., Tanaka T., Hirouchi D., Ishiguro S., Tanaka K., Yoshida H., Takenami H., Moriki H., Minota T.:Distribution of Surface Ruptures Associated with the 2016 Kumamoto Earthquake and Its Significance,American Geophisical Union (AGU) 2016 fall meeting,2016.
  • Shinji Toda, Heitaro Kaneda, Shinsuke Okada, Daisuke Ishimura, Zoe Mildon:Slip-partitioned Surface Ruptures for the Mw 7.0 2016 Kumamoto, Japan, Earthquake,American Geophysical Union 2016 fall meeting,2016.
  • 石村大輔,遠田晋次:阿蘇カルデラ内に認められる2016年熊本地震に伴う液状化と噴砂の分布,地球惑星科学連合大会,2016.
  • 大久保祐一,遠田晋次:時空間スムージングカーネル法を用いた平成 28 年熊本地震シーケンスの予測,日本地震学会2016年秋季大会,2016.
  • 遠田晋次:平成 28 年熊本地震の地表地震断層の特徴とその意味?雁行配列の階層性と正・横ずれ断層の混在,日本地震学会秋季大会,2016.
  • 佐々木宏之:平成28年熊本地震に対する東北大学病院DMATの活動 特別養護老人ホーム「陽ノ丘荘」搬送ミッション ,日本地理学会 2016年 秋季学術大会,2016.
  • 遠田晋次・金田平太郎・岡田真介・石村大輔:平成28年熊本地震の地表地震断層に認められるスリップパーティショニングとその意味,日本地球惑星科学連合2016年大会,2016.
  • 遠田晋次,金田平太郎,岡田真介,石村大輔:平成28年熊本地震の地表地震断層に認められるスリップパーティショニングとその意味,地球惑星科学連合大会,2016.
  • 今野明咲香,遠田晋次:2016年熊本地震で出現した地表地震断層と活断層の離隔距離の定量的検討,日本活断層学会2017年度秋季学術大会,2017.
  • Luis Moya, Erick Mas:Analysis of building damage mapping technique using seismic fragility function: A case study of the 2016 Mw7.0 Kumamoto earthquake. (I-32),Annual meeting of the Tohoku Branch Technology Research Conference, JSCE,2017.
  • Hitomi Maeda, Satoko Iyama, Chiharu Matsumoto, Kimiyo Nanke, Eiichi Kodama:Characteristics of Hospital Damage and Challenges of Disaster Mitigation Related to the 2016 Kumamoto Earthquakes in Japan. ,International Nursing Research Conference 2017,2017.
  • Leelawat, N., Suppasri, A., Imamura, F., Muhari, A., Srivichai, M. , Jaimin, E. B.:ICT use in disaster evacuation of ASEAN citizens: Lessons learned from the 2011 Great East Japan earthquake and the 2016 Kumamoto earthquakes,3rd JASTIP Symposium - ASEAN-Japan STI Collaboration for SDGs -,2017.
  • Shinji Toda, Tomoaki Murakami, and Naoya Takahashi:Intra-caldera active fault: An example from the Mw 7.0 2016 Kumamoto, Japan, earthquake,American Geophysical Union 2017 fall meeting,2017.
  • Leelawat, N., Suppasri, A., Imamura, F.:Lessons Learned from the 2016 Kumamoto Earthquakes in Japan: Foreign Organizations and Foreigners? perspective,World Bosai Forum 2017,2017.
  • Shinji Toda, Daisuke Ishimura:Recent indications to improve evaluation of short active faults provided by the 2016 Kumamoto and Ibarakiken-hokubu, Japan, earthquakes,IAG-IASPEI 2017,2017.
  • Ornthammarath, T. , Suppasri, A.:Seismic performance of damaged buildings in Thailand and Japan following Mae Lao (Northern Thailand) earthquake in 2014 and Kumamoto earthquake in 2016,World Bosai Forum 2017,2017.
  • Shinji Toda:Toward better fault hazard assessment: Lessons from the 2016 Kumamoto, Japan, earthquake,2017年地球惑星科学連合大会,2017.
  • 松山和馬,遠田晋次,村上智昭,坂東雄一,高橋直也,加茂圭祐,中原毅,高見智之:2016年熊本地震の地震断層直下の断層露頭?西原村大切畑ダム付近の布田川断層帯の活動史,日本地震学会2017年秋季大会,2017.
  • 今野明咲香,遠田晋次:2016年熊本地震で出現した地表地震断層と活断層の離隔距離の定量的検討,活断層学会,2017.
  • 三五大輔,小俣雅志,郡谷順英,遠田晋次:SAR衛星の干渉解析による平成28年熊本地震余効変動の計測の試行,活断層学会,2017.
  • 遠田晋次,石村大輔:熊本地震に見られる誘発性地震断層と C 級活断層,日本第四紀学会2017年大会,2017.
  • 遠田晋次:熊本地震の複雑な地表地震断層と震源断層との関係,地盤振動シンポジウム,2017.
  • 今野明咲香,遠田晋次:地理情報システム(GIS)を用いた2016年熊本地震における推定断層と地震断層のずれ幅の検討,2017年度東北地理学会秋季学術大会,2017.
  • 遠田晋次,石村大輔:平成28年熊本地震と茨城県北部の地震から再考する短い活断層の評価,2017年地球惑星科学連合大会,2017.
  • 佐々木宏之:平成28年熊本地震に対する日本集団災害医学会災害医療コーディネートサポートチーム(第4次隊)活動報告:益城町避難所対策チーム,第22回日本集団災害医学会総会・学術集会,2017.
  • 石川永子 , 山之井麻衣, 三浦春菜, 小田淳一, 大平真弓, 薬袋奈美子, 定池祐季 , 石原凌河, 坪井塑太郎:余震発生等不確実性の高い状況下における避難所の居住環境と運営体制の実態と課題 2016年熊本地震における熊本市内避難所全数調査より,2017年度日本建築学会大会,2017.
  • 今野明咲香・遠田晋次:2016年熊本地震における地表地震断層と活断層の離隔距離の定量的検討―変位センスに着目して―,日本地球惑星科学連合2018年大会,2018.
  • 石村 大輔,熊原 康博,堤 浩之,遠田 晋次,市原 季彦,高橋 直也,高田 圭太,加藤 佑一:2016年熊本地震に伴う微小変位地点における古地震調査,日本地球惑星科学連合2018年大会,2018.
  • Shinji Toda:Complex rupture termination, strain partitioning and dispersed stress transfer associated with the 2016 Kumamoto earthquake, Kyushu, Japan,日本地球惑星科学連合2018年大会,2018.
  • Asaka Konno・Shinji Toda:Evaluation of surface-rupturing fault width by statistical analysis from the 2016 Kumamoto, Japan, earthquake: Implications in regulating fault avoidance zone,America Geophysical Union Fall Meeting2018,2018.
  • 遠田晋次:兵庫県南部地震から熊本地震まで:活断層・内陸地震研究の進展と課題,物理探査学会,2018.
  • 今野明咲香・遠田晋次:活断層近傍における土地利用規制帯の現状と課題―2016年熊本地震の地震断層出現範囲との比較を通して―,日本地理学会秋季学術大会,2018.
  • 遠田晋次,鳥井真之,奥野 充,今野明咲香,小野大輝,高橋直也:熊本地震地表地震断層の完新世活動履歴 ?南阿蘇村黒川地区トレンチ調査?,日本地球惑星科学連合2018年大会,2018.
  • 佐々木宏之:東日本大震災被災地DMATとしてみた平成28年熊本地震の現場,第55回日本腹部救急医学会総会,2019.
  • 福島 洋,石村 大輔:2016年熊本地震時に出現した阿蘇カルデラ内地表地震断層のInSAR解析,日本測地学会第130回講演会,2018.
  • 寅屋敷哲也・丸谷浩明:東日本大震災と熊本地震における被災企業の事業継続対応,徳島大学BCP研究部会,2018.

東北大学災害科学国際研究所(IRIDeS)に関連する報道

その他機関からの情報

東北大学災害科学国際研究所(IRIDeS)に関連する報道

  • 2018/11/02 河北新報 <熊本地震>震源直下の水で揺れ拡大 断層の摩擦減少、東北大グループが分析(趙教授)